年齢による目の下のたるみを痛感したとき

その歳相応の良さはあるけれど

年をとったらとったでその良さというのもあるのだと思いますので、なるべく若さにはこだわらないようにしていますが、目の下たるみやクマはどうしても気になりますしやはり気恥ずかしいという思いもあります。
目を酷使しているとクマができますし、たるみにも影響してくるのだなと考えるようになりました。
手術まではさすがに考えられませんので、最近ではアイケアを徹底的にしています。
アイケアをすることにより、目の健康も保てますし、目の疲れやコリもほぐすことができ、クマもたるみも緩和されます。
目の下を気にするほかにも、目の健康を気にしたほうがいい年齢になりつつありますので、目にいいサプリメントを飲んでみたり、美容効果のあるサプリメントを飲んだりもしています。
またお風呂ではマッサージをして顔の血行を良くするようにし、顔の筋肉も使うように努力しています。
10代、20代では笑っていない状態でもどこもかしこもハリのある肌ではありましたが、ここ10数年ほど笑うことも少なかったためあらゆる顔の筋肉がたるんできています。
顔の筋肉はよく使い、笑った生活を送ったほうが精神的にも健やかな肌を保つためにもいいのだなと考えています。
10代や20代の頃は精神的な余裕は全くなかったため、本当に笑うことの少ない生活でした。

年齢のを重ねるごとに感じる顔の変化 | その歳相応の良さはあるけれど | 日頃のケアを頑張りつつ、綺麗に歳をとりたい